» 2014 » 1月のブログ記事

みなさんは“スペシャルオリンピックス”をご存じですか?

恥ずかしながら私は知りませんでした。

今日、久留米で細川佳代子さん(細川元首相の奥様)の講演会が催され「愛・感動・生きる・・・つながる世界」という演題でスペシャルオリンピックスのお話しをいただきました。

「こんな世界があったのか、、、」と自分の無知を恥じるとともに感動の世界に涙々でした。

要約して言いますと、パラリンピックは身体の障がいを持つ方が選手として参加。スペシャルオリンピックスは知的障がいのある方が選手として参加します。

オリンピック・パラリンピックの2年後に行われ、独自の理念とルールのもとに開催されるのでメディアの取材も少ないとのことです。

始まりは1968年、故ケネディ大統領の妹ユニス・シュライバーが、当時スポーツを楽しむ機会が少なかった知的障がいのある人たちにスポーツを通じ社会参加を応援する“スペシャルオリンピックス”を設立。

その活動は世界各地に広まり、現在日本でも全国約8000人のアスリートと14000人近いボランティアが参加する組織となっているそうです。

参加者が一番大切にしていることは、昨日の自分に今日勝つこと。オンリーワン。決して諦めずにゴールまで辿りついた者が全員勝利者であるということ。

ふとしたことからこのスペシャルオリンピックスに拘わることになった細川さん。社会の偏見と闘いながら「命をかけてやってきました」ときっぱり。

「彼らから一人の人間の尊さを教えてもらった、彼らこそ社会に必要な人たちであり、社会を変えるキーパーソンです」と言われるそのお姿は凛として神々しいほどに感じました。

「最大の目標はアスリートの能力を高め、自信と勇気を得ること。人に勝つことよりも自分のベストを尽くすことの素晴らしさを知る。みんなが勝利者である・・・そんな場を提供して行きたい」と熱く語られる姿勢に又涙。

障がいを持つ人と健常者が共に支え合い、暮らせる社会をつくりたい。そうあらためて思った今日でした。

霜にも負けず

| 幸せ創造日記 |

20日は大寒でした。一番寒いとされるこの時期、お茶村のお茶畑にもたくさんの霜が降りていました。

毎年、冷え込みが厳しいと感じる朝はお茶畑に出てみます。

びっしりと霜が降り、白くなった茶の木たちを見ながら、「寒いけどがんばってね。もう一息で暖かい春が来るよ。」と声をかけます。

みんなの期待に応えてくれるかのように、茶の木たちはこの寒さにじっと耐え、四月には若い芽を出してくれます。まさに生命の息吹を感じる時です。

このブログを読んで下さっているみなさん、ゴールデンウイークの新茶祭りは、可愛い新芽を出したお茶畑で新茶摘みを楽しんで下さいね。

大安の今日、幸せな若い二人の幸せな結婚式がありました。

福岡市内のホテルでの挙式。今どきの素敵なホテルでしたが、披露宴はその何倍も感動する披露宴でした。

祝辞を仰せつかった私は少し緊張しながらの始まり。

ドキドキしながらの祝辞は途中頭が真っ白になってお話があっち行ったりこっち行ったり(笑)しながらも、なんとか無事に終え、ホッと一息。

二年前、お茶村の新茶祭りの応援に駆けつけてくれた新郎新婦のお二人(その頃お付き合い始めたそう)は、とっておきの衣装も艶やかに満面の笑顔。

おおらかな若旦那とチャーミングでしっかり者の若奥様。大好きな大好きな二人。

お友達の余興も映像等、手の込み方が半端ない。ここまでやるか!の世界です。二人がみんなから本当に愛されていることが伝わる感動の涙々の披露宴。

その人の生きざまが見えると常々感じるのがお葬式ですが、結婚式もそうだとあらためて感じさせてくれた披露宴でした。

♡まーくん、さやちゃん、いつまでもお幸せに!♡

幸せ創造日記

| 幸せ創造日記 |

幸せ創造の日々を綴っていきます。