» 2015 » 9月のブログ記事

9月14日、筑後地区の中学校で「社会人講話」をさせていただきました。

お茶の仕事を通して、社会人としての苦労や喜び、夢の叶え方等の内容で約50分。

お茶を準備していき、お茶の効用や特長を映像で見てもらったり、水出し茶や一般的なお茶(三種類)を試飲したので、あっという間の50分間でした。

最後は、同行の二人の女性スタッフも社会人の先輩として仕事についてのメッセージを一所懸命に伝え、締めくくりました。スタッフにとっても良い経験になったようです。

中学生諸君は予想以上にシャイな印象(特に男子)でしたが、しっかりした感想ももらい、うちに秘めているものは大きいと感じた嬉しいひとときでした。

講話を終え、校長室で校長先生とお話ししながら、校長先生の熱き心に又感動!

「目の前の受験が大事なのはもちろんですが、人間力を向上させることも生徒たちにもっと伝えて行きたい。例えば、全国高校野球選手権大会でも3906校の参加校のうち、一度も負けなかったのは1校(優勝校)だけ。あとは全部負けるんです。

何が言いたいかというと、人生は敗者復活戦なのだということです。勝ち進んでばかりいられる人生はない、負けることもへこむこともあります。大事なのは挫折に負けない生き方。自分たち教師がそれをどう教えることが出来るか、いつもそのことを考えています。」

本当にそうですね~。教育現場におられる先生ならではのお話しで、胸に染み入りました。

人生の本番は、社会人としてどう生き抜いていくか。

嬉しいことも辛いことも人生には色々ありますが、そのことが自分自身を鍛えてくれるのも事実。

そう考えたら、すべてを糧にして周りに良い影響を与えることの出来る“人間力”こそ本当に大切ですよね。

人生は敗者復活戦・・・含蓄のあるお言葉をいただき、感謝の思いでいっぱいでした。

これからの励みとし、精進してまいります。

私たち学生が世界平和のために出来ることは?
「自分の身の周りが平和であること。いじめない。家族の中でギスギスした関係をつくらない。自分が平和な心を持つこと。身の周りのことから平和をつくって行くことが大切。」
世界平和というと何かとてつもなく大きなことのような気がしますが、自分の身の周りを良く出来なければ世界平和もない。“まずは身の回りから”肝に銘じたいと思います。

未来ある中高生たちが一般の参加者と共に、一所懸命に質問してくれる姿、とても嬉しかったですね~。

現地では自ら土木工事用の重機を動かし「最近は医療より井戸堀りが専門です」と笑わせる中村先生。
「アフガンの人たちの願いは二つだけ。1日3回食べられることと自分の故郷で家族と一緒に暮らせること。人情に厚く義理堅いし、老人が大切にされ歳とるだけで尊敬される文化がある。・・・今、私たちにとって本当に必要なものは?そう必要でないものは?」

そう、私たちはそう必要でないことまでも望み、結果そのことに縛られて暮らし、不必要な悩みや葛藤、時には争いまでも生み出しているのかも知れません。
歳とるだけで尊敬される・・・なんて素晴らしい!けれど残念ながら今の日本には足りない部分でしょう。
しかし、今は足りなくても本当の豊かさを育める源になって行きたい、としみじみ思ったものです。

先生の著書の中に「私たちが己の分限を知り、誠実である限り、天の恵みと人のまごころは信頼に足る」とあります。最後に言われた「自然と人間がいかに折り合っていくか?」の答えがここにあると思います。
自らの心の平和が、周囲の平和、そして世界の平和につながり自然とも融合出来ることを信じて行きたい。

人間として又、日本人としてどう生きるか?を自らの人生で教えて下さった中村哲先生を誇りに思い、心から感謝申し上げます。

講演会当日は地元の中高生も沢山参加してくれていて、会場整理等のお手伝いに加え、質疑応答にも積極的に手を挙げてくれ時間が足りないほどでした。
中村医師ならではの大変含蓄のある、心に沁みるお答えばかりですので、少しご紹介しますね。

自らの生命の危険も顧みず続けてこられた理由は?
「命を預かっているという責任感・・・この土木工事(用水路)に何千人、何万人の命がかかっているというプレッシャー。そして善意の募金をしてくれた人たちへ自分がきついからやめるという訳にはいかないでしょう。日本人の誇りでしょうかね。」
“日本人の誇り”という言葉に思わず腰骨が立つ思いでした。

中村先生が現地で幸せを感じた時は?
「助かるだろうか?と思う人が助かったとき。本当に嬉しいですよ。」
その場の家族や周りの人々の喜びや安堵の光景が、眼に浮かぶようですね。

教育について、どうお考えでしょうか?
「人は教育を受けて高学歴になると都会へ行きたがり、汚い仕事を嫌うようになる。大切なことは、まず気立てが良いこと。偏差値が高くなったら気立てが良くなるか?物知りになれば気立てが良くなるか?人間として立派に生きて行くこと。そしてそれなりに社会に適応していくことが大事」
大切なのは気立て・・・本当にそうだなと思いながら、そのことに意識の薄かった自分を省みました。

教育はもちろん大切だけど、その盲点をついている。
生きて行く上で本当に大事なことは何か、先生は教えて下さっています。

その3へ続く

9月5日、八女市民会館「おりなす八女」での中村哲先生の講演会に行ってきました。

福岡出身の医師で現在69歳。小柄でにこにこされていて気負いを感じさせない、素敵な先生です。
日本では八女郡広川町の馬場病院の副院長もされていたそうで、驚きつつ身近に感じました。
30年以上にわたりアフガニスタン地域の医療や用水路建設に携わってこられた中村哲先生。
現地での映像を交えながらのお話は示唆に富み、「平和とは何か」をあらためて考える時間でした。

パキスタン北部のペシャワールで、ハンセン病医療活動に取り組まれていた31年前。

紛争(内戦)続きの隣国アフガニスタンから戦火を逃れてきた難民の治療も行い、次第に国境を越えてアフガンでも医療活動を広げ、15年の間に一つの基地病院と10か所の診療所を開設されました。

内戦による治安悪化に加え、2000年、アフガニスタンは未曽有の大干ばつに襲われます。農業で生計を立てている国が農地は荒れ果て家畜も死に、村が丸ごと難民化し、生存そのものが危うい事態に!水不足のため感染症が広まり、体力のない子供たちの命が次々に失われて行きました。

この大きな被害に直面した先生は「飢えと渇きは薬では治せない、百の診療所より1本の用水路を」と決意し、大変な苦労を伴いながらもアフガンの村々に1600本もの井戸を掘り、用水路の整備をして行かれたのです。

干ばつで干上がり砂漠化していた土地が、今では緑生い茂る森となり、みずみずしく潤っています。

その2へ続く