今日は冬至ですね。

「冬至は柚子湯を楽しもう!」と思っていたら、うちの大川常務からきれいな柚子をたくさん頂き、ラッキー!

写真は自家製大川農園の可愛い柚子っこ達です。

日が暮れるのが早い冬の日、冬至を境に少しずつ日照時間が伸びてくるので、小さいころから自分なりに楽しみな日でもありました。

『一陽来復』という言葉があるように古代中国では、冬至は“太陽の復活”“一年の始まり”“おめでたい日”とされていたそうです。冬が終わり春の訪れ。新年を迎える。冬至正月とも言いますね。

陰極まって陽が生ずるように、不遇の時が続いた後幸運に向かって行くように運が上昇して行く。

運を呼び込むためにも“ん”のつくお野菜(人参・蓮根・銀杏・大根・金柑・南瓜・寒天・うどん)等の“運盛り”も。頓智とも思える先人の智慧に感心します。

迎える日々が融通(柚子)の利くものであるようにとの祈りも込め、香り高い柚子をお風呂に浮かべ禊(邪気祓い)をして、めでたいその日を迎える・・・。

そんな先人のお力をいただきながら、今夜は柚子湯に入りほっこりとした思いを巡らせたいと思います。

ゆず